中国製なんですけど、、あまりにも値段が安いので買ってしまいました。PENTAX Qシリーズレンズ用のバヨネット式レンズフード(*^^*)/

レンズフードは、
メーカー純正品、もしくは
日本国内発送のショップからの購入だと
凄く高価で、買う気が起きないものですから(‥;)、、、

中国の通信販売サイト、Ariexpressで検索して、
見つけた格安の互換フードを2個を
(1個1個、別々の店にオーダーになってしまいました。)
注文したのが、一か月か、もうちょい前ぐらいだったか。

ようやく両方とも届きました。

やはり、コロナウイルス感染拡大の影響が
国際郵便の流通にも大きくあって、
通常よりも相当配達が遅れています。

でも、まだ届いたんだから良い方でしょうけどね。
かなりの混乱があると思われます。
届かない事故が起きてもおかしくないかもしれません。



090234.jpg
非常に時間がかかりましたが、
ようやく2個とも配達されました。
PENTAX Qシリーズレンズ用の
バヨネット式互換フードです。




090303.jpg
バヨネット式互換フード2種を接写。




090410.jpg
こちらは、15~45mm/F2.8望遠ズーム用フードを
装着したところです。




090512.jpg
こちらは、5~15mm/F2.8-4.5標準ズーム用フードを
装着したところです。




090846.jpg
それぞれ、撮影しない時は、
フードを逆向きにレンズに取り付ける
事が出来ます。
これはちょっとスムーズさに欠けます。
装着は出来るんですけど、なんだかぎごちない。
中国製なので、工作精度が高くないのでしょう。
でもまあ、いいのです。
レンズフードとしての本来の役目はきっちり
果たしてくれますので。

何しろ、値段が圧倒的に安いんですよね。
本当にもう、全く比較にならない安さなんです。


世界へのコロナウイルス蔓延の元凶とされる中国から、
サプライチェーンの脱却を図るべきだとの識者の意見が
高まりを見せております。

私も、その意見に反対では無いです。

とくに、製品によっては、中国からの輸出が
人質に取られ、日本側が外交面で不利になるかもしれません。
そういう事になりかねない様な製品は、日本国内生産に戻す、
あるいは、もっと日本にとって信頼性が高い
国へ生産を移す、という事はして良いと思います。

しかし、写真撮影用のレンズフードはどうでしょう?
「こんな程度の物」と言っては失礼ですが、
無くても大きく困る事はありません。

メーカー純正のアクセサリーは、物によっては異常に高価です。
私は全く買う気がしません。

レンズフードが、日本製と中国製と、
両方を所有していたとします。
それぞれレンズに装着して撮影し、
その結果を見比べたとしたら、
違いが判るわけがありません。

こういうアクセサリーは、
格安で造れる国の製造でいいのです。
日本という国家の安全保障にはなんら関係しないのですから。


私は、言うまでもなく生粋の日本人ですし、
おおかたメイドインジャパンが好きな男ではありますが、
「メイドインジャパン真理教信者」ではありません。

一部の日本製の商品は、異常に高過ぎる、もしくは
昔に比べて異常に高価になってしまった、と思っています。

昔はオール国内製造でした。
国内工場の生産効率は今よりは低く、
働いている人たちは今よりはずっと多く、
ネットや物流網の発達まで入れて考えたら、
物の生産コストは、今よりずっと高くついた筈です。

にも拘わらず、
品物の販売価格は昔の方がずっと安かった、
というものが幾つもあります。

皆さんにも、思い出していただいて・・・
どうです?三つや四つ、心当たりがあるのではないですか?

私は、そういう、
なんでこんな物が日本製だというだけで不当に高いんだ!?
という商品については、市場に競争原理を誘発させる為、
安い海外製の互換商品を輸入することは絶対に必要だと
考えています。


私はこれからも、それは主にカメラや写真関連の商品で、
という事にはなるのでしょうが、何でもかんでも
メイドインジャパンに固執することなく、
その都度クールに判断し、時には海外製の安い互換商品を
チョイスして参りたいと考えております。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント