Nikon D5600に、旧AF Nikkorを用いて撮影!Ai AF Nikkor 35mm/F2 S で写したボスちゃんの可愛い寝顔♪

143120.jpg
こちら、フィルム一眼レフの最高峰、
Nikon F4です。

赤矢印で指し示しているように、
この機種はボディ内にAFレンズを駆動させる
モーターを内蔵しています。

いわゆる「ボディ内モーター駆動式AF」
なわけです。





143220.jpg
当時新品で購入した
初期のAF Nikkorレンズです。

Ai AF Nikkor 35mm/F2 S と言います。
レンズの内部には、モーターは内蔵しておりません。





143316.jpg
Ai AF Nikkor 35mm/F2 Sと
Nikon F4のマウント部分を接写しております。

2つの矢印で指し示しているように、
Ai AF Nikkor 35mm/F2 Sには
内蔵モーターがありませんから、
Nikon F4ボディの駆動用のピンが
レンズ側に勘合して、
オートフォーカスが駆動するように
なっていたわけです。





143349.jpg
ところが、つい先日入手した
デジタル一眼レフ、
Nikon D5600には、この駆動用のピンが
ありません。

カメラのマウント部分をご覧ください。
ありませんよね?

そうです。
Nikon D5600は、
レンズ内にAF駆動用のモーターを内蔵しておりませんと
オートフォーカス撮影は出来ないのです。

「レンズ内モーター駆動式AF」というわけです。





143439.jpg
つまり、このように、
旧オートフォーカス・ニッコールであるところの
Ai AF Nikkor 35mm/F2 S
をNikon D5600に装着しますと、
オートフォーカス撮影は出来ません。

ピント合わせはマニュアルフォーカスになります。

しかし、プログラムAEなどの
各種自動露出撮影モードは使用可能なのです。





143622.jpg
Nikon D5600は、バリアングル液晶を備えています。

こうした古いAF Nikkorを装着したことで、
撮影がマニュアルフォーカスになっても、大丈夫!

ご覧の様に、背面の液晶を見ながら精密に
構図&ピント合わせが行えます。

撮影には時間がかかりますけどね(^^;;;


さて、、、今回は
そのような組み合わせで
我が愛猫ボスちゃんのことを
マニュアルフォーカス撮影してみました(^-^ゞ

フィルム時代の初期のオートフォーカスNikkor。
撮影して、後でExif情報を眺めてみたら、
絞りはF2開放で撮影されていました。


この35mm/F2レンズでフィルム撮影を
していた頃の記憶ですが、
F2開放では甘くて、実用的ではない画質だと
思っていました。


ところが、、、
不思議なんですね。

Nikon D5600は、2,400万画素という高画素機。
イメージセンサーが持つ1mmあたりの解像力は
166本ぐらい。

Ai AF Nikkor 35mm/F2 S の絞り開放に
とてもそんな高い解像力があるわけはなく、
ソフトな仕上がりになっちゃうんじゃ
ないのかな?と想像したのですが、
どういうわけか?見られる画質になっていました。
実に不思議です。


ちなみに、
初期のオートフォーカスNikkorであるところの、
Ai AF Nikkor 35mm/F2 S

(Dタイプではなく、Sタイプです。)

は、日本製です。
Dタイプの中には、日本製のものと中国製の
物が存在しますが、
Sタイプは全て日本製の筈です。

まあ、あまりソレを強調して
言うつもりはありませんけど(^-^;
Sタイプのコーティングは、
スーパーインテグレーテッドコーティングではありません。

おそらく、インテグレーテッドコーティング
と称されるコーティングだろうと思います。



さてさて、それでは、
Nikon D5600+Ai AF Nikkor 35mm/F2 S
の撮影結果をご覧くださいませ!<(_ _)>(*^^*)/





DSC_0926.jpg
お休み姿がとっても可愛いボスちゃん^^





DSC_0925.jpg
薄目を開けているボスちゃんです^^可愛いですね~♪





DSC_0928.jpg
体の向きを変えてお休み中の可愛いボスちゃんです(^-^ゞ





撮影年月日 : 2020年5月19日(火曜日)自宅内にて
        ネコハウスの中でお昼寝中の可愛いボスちゃん

使用カメラ : Nikon D5600

使用レンズ : Ai AF Nikkor 35mm/F2 S

撮影モード : P Mode

ISO AUTO : ISO 1100~1250になっておりました

絞り値/シャッター速度 : いずれのカットも、F2、1/60秒で切れておりました

.jpegラージファイン

バリアングル液晶を使ったマニュアルフォーカス&手持ち撮影







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント