ミノルタのマニュアルフォーカスズームレンズ、New MD ZOOM 70-210mm/F4+SONY NEX-5Rでデジタル撮影してみました。良く写りました!


今回は、MD ROKKORシリーズの後のズームレンズのご紹介。

レンズのブランド名だった「ロッコール」が消え、
New MDレンズと呼称されていた時代になってから、
初めて出て来た当時の新設計ズームレンズです。

New MD ZOOM 70-210mm/F4

これを、APSサイズイメージセンサー機の
SONY NEX-5Rに装着し、デジタル撮影居してみました。

画角的には、フルサイズ機に比べて狭くなり、
焦点距離がx1.5倍されたのと同じ(撮影画角に)なっています。

今回はレンズのズーム位置を200mmあたりの所で
撮影しましたので、画角的には300mmレンズ相当に
なっております。

300mmレンズ相当の狭画角で、家の中で手持ち撮影するのは無理。
何しろ、手振れ防止機能なんてついていない
マニュアルフォーカスズームレンズなのですから。
当然、三脚撮影しております。

ボスちゃんが
ネコベッドの中で顔の向きを変えたりするなど
せわしなく動いておりましたので、
こちらをボスちゃんが剥いてくれた時の目の位置は、
大体この辺かなと予測しまして、
レンズのピントを「置きピン」にして撮影しております。

ボスちゃんがこちらを向いてくれた瞬間に
シャッターボタンを押して、
バシャバシャバシャっと連続撮影。

で、撮影結果は・・・バッチリでした(^^)v
ピント、しっかり目に合っています。


最短撮影距離の短い、使い勝手の良いズームレンズです。
一絞り絞ってF5.6で撮影しましたが、十分にシャープですし。

このズームも、入手してから何年も放置していて、、、
お恥ずかしい限りです (・・*)ゞポリポリ...


大珍品レンズってことは無いんですけど、
意外と中古の数は少ないんです。
しかも、出て来ても、ガラスの状態が悪くなった個体が多い
(カビとか曇りとか)んです。

私の所有品は、美品というところ。
カビもクモリもありません。
年式を考えたらちょっと信じられないぐらい状態がいいです。
何しろ40年弱ぐらい前の製品なのですから。

もっとマメに使ってあげなくてはなりませんね。





DSC01289.jpg





DSC01297.jpg





DSC01300.jpg






撮影年月日 : 2020年1月31日(金曜日)
        自宅内にて、我が愛猫ボスちゃんを撮影す。

使用カメラ : SONY NEX-5R

使用レンズ : MINOLTA New MD ZOOM 70-210mm/F4
        海外製マウントアダプター使用
        210mmではなく、200mmぐらいのズーム位置で撮影

絞りF5.6

絞り優先AE(A Mode)

ISO AUTO

.jpegラージファイン

背面液晶によるマニュアルフォーカス&三脚撮影





110612.jpg
New MD ZOOM 70-210mm/F4 外観。

結構大きい。
ピントリングが太くて、全長が長いズームレンズです。

SMC PENTAX-A 70-210mm/F4のように
エンジニアプラスチックを多用しているわけではないようで、
金属鏡筒のようです。

ですから、重量もありますね。





110550.jpg
施されているマルチコーティングは、
前バージョンのMD ROKKOR時代に比べると、
より多層膜にはなっているようです。

しかし、モノコーティングが施されている面も
まだ沢山あります。

MD ROKKOR時代までは鏡筒内面反射が多くあり、
逆光や曇天時に白い空を見上げて撮影するような
シチュエーションでは
フレアが多く発生し、カラーが濁った写真に
仕上がることがありました。

New MDでは、
鏡筒内面反射防止対策は強化されましたので、
カラーの透明度が向上しています。


ただ、これももう同じことを何度も書いていますが、
乱反射が無くなってヌケが良くなるという事は、
それ以前のバージョンのレンズ群よりかは
「強コントラスト傾向」にはなっちゃうんですよね。

New MDは、MD ROKKORまでのレンズ群よりかは
硬めの描写になってはいると思います。

どちらがいいか、
そこはもう、完全に個人の好みの問題です。





110633.jpg
最短撮影距離が1.1mと近くて、
これは本当に素晴らしいところ。

APSサイズイメージセンサー機の
SONY NEX-5Rに装着した場合は、
画面周辺がトリミングされているのと
同じことですから、さらに被写体を
大きく捉えることが出来ます。





110748.jpg
絞り羽根枚数を確認してみたら、ちょっと驚き!
ミノルタのレンズに奇数枚数の7枚羽根が
採用されていました(ノ゚ο゚)ノ なんとー

望遠ズームなのですから、理想的には9枚羽根なんですけど、
良いでしょう、許しましょう。
何しろなんでもかんでも徹底的に6枚羽根にしていた
ミノルタだったんですから。
そのミノルタが、このズームは7枚羽根!
いいじゃないすかー。
褒めてつかわすo(*^▽^*)oあはははははは











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2020年02月01日 09:41
ボスちゃん、かっちょええ~!
( *´艸`)
置きピン・・・ほほう~。
ボスの管理人
2020年02月01日 14:10
Nyantaさん、どうもこんにちは~!
コメント誠にありがたうございますー(^人^)

そうなんです!
ボスちゃんは
可愛いだけじゃない( '-' )( ,_, )( '-' )( ,_, ) うんうん

カッコよかったり、偉大さがにじみ出ていたり、
どこか考え深げだったり、
世の中の全てを知り抜いたような表情を
していたり、実に色々ヾ(@^▽^@)ノ

そういう瞬間瞬間に見せる
ボスちゃんならではの表情を
ガンガン写しちゃいますぞ~o(〃^▽^〃)oあはははははは♪