「写ルンです望遠」のレンズでデジタル撮影


今回は、改造レンズネタです。

その昔、使いきりカメラに
「写ルンです望遠」「写ルンですNew望遠」
というものがございました。

画像

※画像の使いきりカメラは「写ルンです望遠」です。


「写ルンですNew望遠」のスペックシート
http://www.fujifilm.co.jp/news_r/nrj738.html

「写ルンです」の歴史
http://www.fujifilm.co.jp/utsurundesu/histry/history.html


私は今からもう10年くらい前に、
「写ルンです望遠」のレンズ部を取り外し、
一眼レフカメラに装着・撮影が出来るように
改造し、写真を写した事がありました(フィルムで、ですが)。

おそらく、「写ルンです望遠」のレンズに着目し、
これを改造して一眼レフカメラに改造して取り付け、
写真撮影を行ったのは私が世界で初めてだったはずです。
(当時公開していた私のHPでこのネタを掲載したところ、
 結構反響があったものでした。)



画像


で、その時改造したレンズがコレ。

「写ルンです望遠」のレンズ部を取り外し、
PENTAX Kマウントに改造したものを、
PENTAXの純正アクセサリーであるところの
ヘリコイド接写リングK
http://www.pentax.co.jp/japan/products/filmcamera/accessory/index35_closeup.html
につけた状態です。

随分久しぶりに取り出した「写ルンです望遠」改造レンズ。

今回はこれでデジタル撮影を行ってみました。

さてその結果は。





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

「写ルンです望遠」のレンズをPENTAX K100D Superにつけ、
デジタル撮影を敢行した。

先述のスペックシートには、
この「写ルンです望遠」のレンズは100mm/F9.5という事に
なっているが、これは写ルンです本体内部の
反射鏡2枚も含めての値のようである。

以前、80-200mmクラスのズ-ムレンズをつけた一眼レフと、
画角やカメラの内蔵露出計の示す値を
比較しながら実測したところ、どうもレンズ部単体のみだと
90mm/F9のようであった。

さて、今回はデジタル撮影を行ってみたが、
フィルム一眼レフで撮影した時と印象は変わらないどころか、
「デジタルでも意外な程よく写る」というのが素直な感想。

これが2群2枚構成のプラスチックレンズの描写だと
すぐに信じる人は少ないだろう。

しかし、これは現実なのだ。


この猫ちゃんは、よそ様のボランティアエリアの子。
手製のデラックスなキャットハウスに住んでいる。
最近寒いのでちょっと風邪をひいているようであったが、
手製のキャットハウスの中には毛布さえ敷かれていた。

いつもここにいるし、私のようなよそ者が来ても
愛想がいい猫だ。
この猫たちが住んでいる近隣の住民たちも、
みな理解のある人ばかりで、猫を苛める人は
いないと見える。
素晴らしいことだ。





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

PENTAXのヘリコイド接写リングKに装着した
この「写ルンです望遠」改造レンズは、
無限遠から70cmくらいまでの範囲で撮影が出来る。

このカットはほぼ最短撮影距離で撮影したものだ。





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

遠くまでピントが合わせられるのはありがたい。

これはムクドリの群れ。

画面の右辺の像が崩れている。
画面左下も若干崩れているように見える。

2群2枚というシンプルな光学系だが、
なにしろ総プラスチック製である。
ちょっとした加工や組み立て時の差異によって
偏心が出来、片ボケが起きている可能性はあるだろう。

私はNikon Fマウントに改造した同レンズも
持っているが、そちらには片ボケは無かったような気がする。

「写ルンです望遠」の使用済みのガラは
まだいくつか持っている。

その中の一つくらいは片ボケが起きない
個体があるんじゃないだろうか。

時を見て、もう一つKマウント品を製作してみようか。





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

これはもっと遠くの被写体を撮影したもの。
なにせ、無限遠距離までピントが合わせられる。

(ただし、PENTAX ヘリコイド接写リングの場合。
 Nikonのベローズ等に装着した場合は近距離にしか
 ピントが合わない。)





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

プ~ちゃんに似た柄の子を発見。
目は淡いブルーで、凄くキレイでした。
私のような通りすがりの者に
エサをおねだりして来たのでパチっと撮影させて
貰った後、ご褒美でカリカリをあげました。





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

マガモのメス。

おそらくこの「写ルンです望遠」のレンズ部単体の
スペックは、先述したように90mm/F9。

x1.5フォーマットであるところのデジタル一眼レフ
PENTAX K100D Superに装着した状態ですと、
90mm x 1.5=135mm/F9 相当でしょう。

135mmという望遠はたいした望遠じゃありませんが、
これだけマガモに近づく事が出来ました。





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

ごく最近見かけるようになったユリカモメ。
いや~不思議です。
長年見ていますが、ユリカモメをあの場所で見たのは
今年が初めてじゃないでしょうか。

ネットに出ている野鳥図鑑を拝見すると、
川の中流域くらいまでは上ってくるそうですね、
このカモメは。

下流部にエサが無くて、食べ物を求めて
川伝いに上って来た、なんてことではないといいんですが。

鳥は一日食べられなかっただけで死にますからね。
だから年がら年中食べているわけです。
食べ続けないと死んでしまう。

彼らも生きるのに必死です。





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

ユキちゃ~んヾ(@^▽^@)ノ

この時も、私に近づいて
のどをブルル~と鳴らしながら、地面をコロンコロン。
あっちこっちにスリスリスリ~(〃^∇^)o_彡☆あははははっ





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

私の大好きなユキちゃん、コロコロしています!





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

まだまだコロコロし続けています!(*≧m≦*)プププ~ッ





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

黒白のデブにゃんこ。

名前はデーブにしようか?..(*≧m≦*)ププッ、それは冗談。
いや~太りましたーこの子~
やはり冬越しに備えてたっぷり食べ、体に脂肪を蓄えているのですね~。
寒さに負けるなデブにゃんこ!





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

キヨモリちゃ~んo(~∇~*o)(o*~∇~)o イエ~イ♪





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

シロちゃんも。
撮影に協力的でした(〃^∇^)o_彡☆あははははっ





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

キリリとしたシロちゃんヽ(‘ ∇‘ )ノ





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

シロちゃんの横顔をアップ!
シロちゃん、なかなか男前です!





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

シロちゃん、シロちゃん、
私のバッグを潰さないで下さいね~(m。_。)m オネガイシマス

シロちゃんは以前室内飼いされていた子ですから、
猫用ベッドか、カーペットか、あるいはふとんか、
なにか暖かい物の上で休んでいた頃の記憶が
抜けていないんでしょう。

私が何か生地製の物を持って歩いていると、
上に乗りたがるんですよね~。

シロちゃんは大きな声を出す子ではないし、
人間大好きな本当にいい子です。

飼ってやりたいんですがね~。

私の部屋には強烈な性格のボスがいるからなあ~。
シロちゃんとの同居は絶対にムリなのでした。





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

水を飲みに行くシロちゃん。





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

近寄ってくるキヨモリちゃんをバチバチっと撮影^^





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像

背景のボケ味がよくわかるようにと見上げアングルで撮影。
ボケ味は....よくありませんね・・・・
ボケの線の太さが太く、煩い印象のボケ味ですね。





画像

PENTAX K100D Super
「写ルンです望遠」レンズ(PENTAX K用に改造)
ISO 400
マニュアルモード撮影
RAW
SILKYPIX Developer Studio 3.0試用版で現像


キヨモリちゃん、シロちゃんと一緒に
仲良く長生きしてねヾ(@^▽^@)ノヨロシク♪



というわけで、「写ルンです望遠」レンズで
デジタル撮影の巻でしたー








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス

この記事へのコメント

みぃ
2007年12月30日 21:45
こんばんは~☆彡管理人さん!
「写ルンです」懐かしいですね。
改造したなんて凄いです!ちょっと考えつかない^^;さすがは管理人さんですね~(*^∇゚)
キヨモリちゃん、ユキちゃん、シロちゃん、デブニャンちゃんに、よそのエリアニャンちゃん、お会い出来て嬉しいです…♪ 今年も後わずかですね。管理人さんとの出会いは3月?4月でしたね。色々お世話になりました。とても楽しいPCライフを送る事が出来ました。ありがとうございました♪来年も宜しくお願い致します。ボス君に宜しくね♪
lidl
2007年12月31日 07:36
猫ちゃんのオンパレードですね。

これまでにも「ボケ味」のことについておっしゃっていましたね。実は「汚いボケ味」というものの意味が良く分からなかったのですが、今日は「ボケの線の太さが太く、煩い印象のボケ味」と言われほんの少しだけ分かったような気がします。写真って難しいですね。
管理人
2007年12月31日 17:51
みぃさん、こんばんは~
今年も残るところあと数時間!
色々ありがとうございました!
とくにボスを気に入ってくださった事
(人-)謝謝(-人)謝謝です♪
来年もよろしくオネガイシマスねー

メメちゃんにもどうぞ
(=´ー`)ノ ヨロシクー
良いお年を~ヾ(@^▽^@)ノ


私の場合、
今年はニャンコ三昧な年でした。
来年もニャンコ三昧な年に
かわりないでしょ~う
┌(* ̄0 ̄)┐ ワーッハッハッハッ・・・・
管理人
2007年12月31日 17:56
lidlさん、こんばんは~!
今年も残りあと僅か!
ネコを愛するlidlさんとも
お知りあいになれて今年は
ラッキーでした(~o~)

ボス君を気に入ってくださった
方にはもう大、大(人-)謝謝(-人)謝謝
です。

来年も良い年でありますように~。
どうぞ良いお年をー

ボケ味の表現って
ほんと難しいです。
人によって感性も違うでしょうし。

なるべくわかり易い
表現を心がけて行きます。

来年もよろしくお願いしますねー
ヾ(@^▽^@)ノ

この記事へのトラックバック