成立なるか、ペット避妊義務化法案 米カリフォルニア州で


大変、耳寄りなニュースを時事通信社
が報じております。


------------------------------------------------------


ペット避妊義務化法案、下院を通過=「繁殖の権利奪う」と反発も-米加州 (時事通信)

 【シリコンバレー19日時事】

米カリフォルニア州下院で先週、
ペットの犬と猫への避妊手術を義務付ける
法案が可決された。

飼い主の間からは
「愛するペットを繁殖させる権利が奪われる」
と反発の声が出ている。

 愛犬家として知られるシュワルツェネッガー知事は
法案拒否権を持つが、どう対応するかまだ
表明していない。

法案が上院でも可決され、知事が署名すれば、
全米初のペット避妊義務化法が成立する。 

[時事通信社]

[ 2007年6月20日14時17分 ]


-------------------------------------------------------


私は全面的に賛成ですね。
日本も見習って、同様の義務法案を施行すべきだと思います。
今まで野良猫のボランティアを続けて来て、
その結果、切に思うのです。

野良猫とは、元々誰かが飼っていた
家猫が、飼育放棄され、屋外に遺棄されたことが
ことの始まりです。

とくに、
不妊手術をせずに動物を飼い、結果、子供が出来てしまうと
「飼い切れない。」という実に身勝手な理由で動物を遺棄する。
これがとにかく多い。


飼い主にペットの不妊手術を法的に義務付ければ、
「野良猫」という不幸な存在が、
いつまでも生じ続けるということは無くなる。
根本的な原因を解決してしまうわけだから。

我々野良猫ボランティアも、
いつまでも不妊手術の費用を負担し続けられる
ということも無くなる。

飼い主がペットをきちっと不妊手術することで、
遺棄されて野良猫になるネコがいなくなれば、
やがて野良猫の数はどんどん減っていくから、
野良猫が嫌いで「殺してやる!」みたいに
思っている人々も精神的安堵を手に入れる
ことが出来るだろう。


不妊手術を施さず、不幸な野良猫を
生み出していた「元凶」であるところの
ペットの飼い主に、不妊手術義務を法的に
負わせることに、私は大賛成する。


日本もアメリカを見習うべし。








この記事へのコメント

みぃ
2007年06月21日 10:35
こんにちわ。久しぶりにコメントします。(いつもお邪魔はしていました^^;)今日の話、私も大賛成です。以前なにかで見たのですが、避妊(去勢)に反対の女性が生まれてしまった子猫を崖から捨ててしまった話・・・。思い出してしまいました。でもこの女性、大の猫好きなんですよねっ。なにを基準に、どう考えているのか、私の頭では理解できませんが、こんな考えを持ち合せなかった事に自分を褒めたくなる話です。
名前は忘れましたが、ある有名な獣医さんが、「動物を飼えなくなったら、捨てるのではなく、食べちゃって下さい。その方が動物は幸せです。」っと言ったのです・・・。ぱっと聞いた瞬間はビックリでしたが、でも、よ~く考えてみたら、最後まで責任を負えないのなら飼うな・・・と言う事なのだと思いました。
命あるもので当たり前の事なのに、この当たり前が解らないのかと、悲しくなりますね。長いコメでごめんなさい。
管理人
2007年06月21日 19:47
こんばんは~(^^ゞ

くだんの女性は、
外国にお住いの日本人作家さん
でしたよね、たしか。
あの報道があってから、物凄い
バッシングだったようです。
でもまあ当然でしょう・・・

不妊手術は悪だから出来ないと
主張しつつ、
子猫を生ませておきながら、
その生まれたての命を
崖下に葬り去る、
その矛盾、そして残虐性。

世界中に、日本人は
動物愛護精神のカケラも無い
残忍な人間なんじゃないかと
誤解を与えてしまうような、
トンデモな事件でした、あれは。

管理人
2007年06月21日 19:48
獣医さんのショッキングな
ご発言も、深い示唆に富んでいると
思います。
愛する子を、食べられるか?
いや、まさか。
食べられる筈が無い。

それなら、捨てることは平気で
出来るのか?
そう、自身の胸にきいてみろ、
とその獣医さんは仰って
いるのでしょう。
ペットを飼う以上、生涯に
責任を持て、と。

ペットに不妊手術をしない人は、
もし子供が生まれて来た場合に、
その子たちを全て養えるのか、
生涯幸せに出来るのか、
を考えて欲しいですよね。

不妊手術を施しておけば、
不幸になる子供は生まれない。

そう考えて、是非、ペットの
不妊手術の徹底をして
いただきたいものです。

この記事へのトラックバック