カメラと写真と猫と

アクセスカウンタ

zoom RSS 自宅トイレのロータンクの排水弁パッキンを、自分で交換しました(簡単でした)!

<<   作成日時 : 2018/05/17 11:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

我が家のトイレはTOTO製。

家は安普請な建売住宅だが、
いちおう一階にも二階にもトイレがある。

その内、一階のトイレが、
もう何ヶ月か前からヘンな音がしていて
気になっていた。

時々(と言っても、毎日である)、
細い管の中を水が通過するような、
「トクトクトク...」といった感じの音が
出続けていたのである。


いつものごとく、面倒くさがり、
迅速な原因究明と対策を施すのを
怠っていた私であったが(..;)、
この所、ずっと水道代の請求額が高いので
(夏場の、最も水を多く使う時期並みに高かった)、

「これは水が漏れているのだな。
 急いで対策を施さないと大変だ。」

と遅ればせながら思いまして、
TOTOのサービスに電話をかけたり、
ネット検索するなどして、
うちのトイレに起こっている事象の究明と
対策を行ったのであった。





画像

我が家に設置されているTOTO製のトイレは、
大体この絵と同じもの。

今回異常が起きていたのは、
流す水を溜めておく「ロータンク」と
呼ばれる部分であった。

TOTOのサービスへの電話、そしてネット検索で
得られた情報を総合すると、
このロータンクの中にある「排水弁」と呼ばれる
樹脂製の部品に嵌め込まれている、
2枚の「排水弁パッキン」というゴム製のパッキンが
経年で劣化し、ロータンク底の排水溝との間に
僅かながら隙間が出来てしまうため、水が逃げて
行ってしまう現象だとわかった。

ロータンク内から、僅かづつでも水が逃げて行き続けると、
やがてロータンク内の水位が規定値より下がったのを
感知し、適正な水位まで水を補充しようとするので
「トクトクトク...」という音が発生しているのだとわかりました。

つまり、余分な水道代がかかり続けていたというわけです( ̄Д ̄;;

しまった。なんてバカだったんだろう。
迅速に対応していれば、水道代がムダになることはなかったのに(;´Д`A ```

何千円か、一万円か、それとももっとか・・・
今まで随分水道代をムダにしてしまいましたが、
ようやく重たい腰を上げ、この問題を自己解決する運びとなりました。


何しろ、TOTOのサービスを呼んで修理をして貰ったら、
簡単な作業にもかかわらず、おそらく¥10,000は
取られるんじゃないかと予想します。
多分、安いゴムパッキンを替えるだけでは売り上げに
ならないので、樹脂製の「排水弁」をまるごと
交換しないとダメだ、なんて言ってきそうです。
(「排水弁」は、数千円します。)


自分で材料(ゴムのパッキンだけ)を買って
交換修理すれば、数百円です。

作業自体、実は簡単なのです。

メーカーが、親切なことに、作業手順を記したPDFファイルを
公開しているため、それを読むと、排水弁パッキンの交換が
非常に簡単なことがわかったんですね。

今までに水道代でだいぶ損をしましたから、
ロータンクの修理ぐらいは自分でやって
お金をセーブしなくては(^^;)


というわけで、我が家のTOTOのトイレのロータンク、
型番が SH391BATV というものですが(既に生産中止品)、
これに適合する排水弁パッキンの品番は HH11027 という
ものでした。

Amazon、楽天、Yahoo!、MonotaROなど、様々なショップで
数百円で入手することが可能です。





https://www.amazon.co.jp/TOTO-HH11027-%E6%8E%92%E6%B0%B4%E5%BC%81%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3%E9%83%A8/dp/B079DDCMCB/ref=sr_1_2?ie=UTF8&qid=1526352107&sr=8-2&keywords=toto+%E6%8E%92%E6%B0%B4%E5%BC%81%E3%83%91%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%B3
私はAmazonに出店しているTOTOから買いました。
送料込みで、たったの¥680
しかも、注文した翌日午前に配達されましたよヾ(@^▽^@)ノ





画像

これが、ゴム製のパッキン
「TOTO 排水弁パッキン HH11027」です。

厚みが1.5mmか2mmぐらいの、黒くて単純なドーナツ状のゴムです。
「大用」と「小用」の内径が異なる2枚のゴム製パッキンが
同梱されています。


ロータンクから徐々に水が逃げていってしまう故障の修理は
非常に簡単です。

ロータンクの中にある「排水弁」を取り出し、そこに取り付けられている
2枚のゴム製パッキンを引っぺがし、新品と交換する。
ただそれだけでOKなのです(^^ゞ





画像

メーカーが提供している、
排水弁パッキンの交換方法が明示されたPDFファイルのページを
カットアンドペーストしたものを、こちらに掲載させて頂きます<(_ _)>

写真ではなくて手書きのイラストみたいですが、現物と見比べながら
実際に作業してみますと、非常にわかりやすくて簡単でした(^^)v

2枚の排水弁パッキンを交換したところ、水漏れは完全に停止したようで、
水が補充される「トクトクトク...」という音は一切しなくなりましたヾ(@^▽^@)ノ

ゴム製の排水弁パッッキンは、ロータンクの中で
24時間365日水没しているので、
何年かすると劣化し、水漏れが起こるようです。

作業自体、簡単。
そして、出費は¥680(送料込み)。
Amazonなら、材料は翌日に届きます。

どうでしょう、皆さん。
皆さんも、一度ロータンクの水漏れを疑ってみては
いかがでしょうか?
ウチは、6年ぐらいで劣化していた事になりますからね、
排水弁パッキンが。

「今の家に10年以上住んでいるが、
 排水弁パッキンなんて、交換したことがない。
 交換する必要がある部品があるなんて知らなかった。」

と言う方は、試しに交換してみても良いのでは無いでしょうか。
もしかすると水道代が下がるかも知れませんよ〜(^^ゞ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自宅トイレのロータンクの排水弁パッキンを、自分で交換しました(簡単でした)! カメラと写真と猫と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる