カメラと写真と猫と

アクセスカウンタ

zoom RSS Mamiya Sekor SX 55mm/F1.4で、ボスちゃんをフルサイズデジタル撮影〜(^^)v

<<   作成日時 : 2018/01/15 12:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 4




画像


画像

あまり見かける事が無いマミヤの古い標準レンズ。
Mamiya Sekor SX 55mm/F1.4


基本的なマウントの構造はM42スクリューマウントなのですが、
当時のマミヤのカメラボディ独自の開放測光に対応させる為、
F値伝達ピンがレンズの後方に向かって突出しています。
また、絞りリング自体も、若干レンズ後方に向かって突出しています。

この為、他社製M42スクリューマウントのカメラボディの座板や、
市販されている殆どのM42マウントレンズ→EOSボディ マウントアダプターの座板
には、その「F値伝達ピン」ないし「絞りリングの突出」が
ぶつかってしまい、最後までレンズをねじ込むことが出来ない可能性が高いです。

絞りリングの一部や、F値伝達ピンを切除してしまえば、
むしろ使い勝手が良くなるだろうと思われますが、
私は純正のマミヤのカメラボディに装着してフィルム撮影を
行う事も考え、オリジナルの状態を維持するようにしています。


ちなみに、施されているコーティングは、
全面モノコーティング。

アンバーコーティングと、パープルコーティング?のようですね。

マミヤセコールSXレンズシリーズは、発売されていたのは
1970年代です(1974年〜1975年頃?)。
にもかかわらず全面モノコーティングだったというのは、
当時としては(レンズのマルチコーティング化に)
遅れを取っていましたね。





画像

最短撮影距離は、ごくごくオーソドックスな45cm





画像

今回は、国産の
M42マウントレンズ→EOSボディ マウントアダプター
を使用しました。

画像のアダプターは、
開放測光の「F値伝達ピン」が付いているM42スクリューマウントの
FUJINONレンズに対応させるために、
アダプターの座板の一部をぐるっと360度切削加工を施した
改造バージョンです。

この切削して出来た「溝」に、レンズ後方に突出している
FUJINONレンズのF値伝達ピンを逃がし、
FUJINONレンズをアダプターに最後までねじ込むことが
出来るようにしてるわけです。


M42スクリューマウントのFUJINONに似て、
やはりレンズの後方に向かって
F値伝達ピンが突出している
Mamiya Sekor SXレンズの場合は
どうなるかというと・・・





画像

画像のような 向き・位置 で精一杯ねじ込んだ状態です。
これ以上ねじ込むことは出来ず、従って、ピントは無限遠までは届きません。

ある程度遠くまでピント合わせを行うことが出来ますが、
中距離〜近距離 で撮影を行う事になります。





画像

いつものように、絞り羽根枚数をチェック。
6枚羽根ですから、ケチな造りだと言えます。

生成される六角形は、丸みを帯びるように
弧を持たせてあるところは評価しますが、
F1.4クラスの大口径レンズの絞り羽根は、
もっと枚数を増やすべきだったでしょう。






さて、それでは早速ご覧頂きましょう(^^ゞ

コーティングが全面モノコーティングで、なおかつ40年以上前の
設計・製造のオールドレンズではありますが、
やはりマミヤセコールSXは良い感じに写ってくれました!(*^-^*)

切れ込みの鋭い描写ではないのです。
階調再現性に優れた、マイルドで優しい感じの描写です。
コーティングは古臭いけれどカラーの発色が良いし、
鏡筒内面反射の防止対策が行き届いているのか、
ご覧の様なメイン被写体の背後に、強烈な光が差し込む
窓辺が写っていますが、画面にフレアは起きていません。

そして、背景のボケ味が本当に美しい。
撮影時の絞り値はF4ですので、当然と言えば当然なのでしょうが、
画面全体に均質な、とろけるような美しいボケ味です。

他の時代の35mm版フィルム一眼レフ用のマミヤのレンズ
については全然検証出来ていませんが、「SX」レンズ群は
非常に特色の有る、魅力的な描写をするレンズだったのでは
ないでしょうか。


以下、掲載した写真の撮影データは共通

撮影年月日 : 2018年1月13日(土曜日)

           自宅一階和室にて、
           ネコベッドで寛ぐ我が愛猫ボスちゃん。

使用カメラ : Canon EOS 6D

使用レンズ : Mamiya Sekor SX 55mm/F1.4

国産マウントアダプター使用

絞り値 : F4

撮影モード : 絞り優先AE(Av Monde)

ISO 320

.jpegラージファイン

手持ち撮影





画像






画像






画像






画像






画像










テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 38
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
  
Nyanta
2018/01/21 00:14

一瞬このレンズは?と思いましたが、銀板カメラのねじ込み式レンズでしたか。

アダプターを改造されたりして、現行のデジタルカメラに取り付けて撮影するというのがとても格好良いですね。

私のねじ込み式カメラのレンズは、長い事メンテをしていないのでレンズに黴が生えてしまいました。
kazukun
2018/01/21 02:13
Nyantaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます(^人^)
コメントというか、絵文字でしたね^^

この写真を拝見して頂いて、
感じて頂いたお気持ちを
表現して頂きありがとうございます^^
そう、ラブリーなボスちゃん
なのであります(^-^ゞ
ボスの管理人
2018/01/21 18:27
kazukunさん、こんばんは。
コメントありがとうございます(^人^)

なかなか皆さんのブログにご訪問が
出来ず、申し訳ありません<(_ _)>
このところずっと、まとまった
時間が取れず、でして(・_・;

最新のオートフォーカスレンズを
使えば、誰にでも失敗なくキレイな
写真が素早く写せるのはわかって
いるんですが、それだと、どうも
私には面白くないんです。

デジタルカメラであっても、
フィルムカメラの時のような
撮影感覚が少しでもあって欲しい、
と私は考えてしまいます。
だからオールドレンズを使っちゃうんですよね(^^;;;

レンズにカビが生えてしまいましたか!
それは残念ですが、ねじ込みマウントの
レンズということは、ほぼ「単焦点」
レンズですよね?
町の修理屋さんでカビ落としは
やってくれると思いますよ。
単焦点なら、一本一万円未満
だと思いますよ〜!
ボスの管理人
2018/01/21 18:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
Mamiya Sekor SX 55mm/F1.4で、ボスちゃんをフルサイズデジタル撮影〜(^^)v カメラと写真と猫と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる