カメラと写真と猫と

アクセスカウンタ

zoom RSS 初詣は、茨城県の「板橋不動尊」。PENTAX MEでフィルム撮影〜(^^ゞ

<<   作成日時 : 2018/01/10 14:24   >>

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

今年、初詣に行った場所は、
茨城県にある
板橋不動尊というお寺でした(^^ゞ


今回は、1976年に発売されたフィルム一眼レフの、
アサヒペンタックス ME
(この機種までは、ペンタックスではなくてアサヒペンタックス、
 略してアサペンと呼ばれていました。)

レンズは、MEと同時期にリコーのフィルム一眼レフ用に発売されていた
XR RIKENON 28mm/F2.8。

最初期の28mmではなく、第二世代の28mmではないかと思います。

何故かというと、最初期のXR RIKENON 28mm/F2.8は、
SMC PENTAX-M 28mm/F2.8のOEM供給品だったと思ったから。

確か、当時発売されていたカメラ誌「カメラ・レンズ白書」に
記載されていた両者の光学断面図は、全く同じだったと記憶しています。


最初期の、

XR RIKENONの28mm/F2.8
XR RIKENONの35mm/F2.8
XR RIKENONの200mm/F4

は、確かSMC PENTAX-Mと同じ光学系だったと思います。

今回使用した
XR RIKENON 28mm/F2.8は、明らかに光学系やコーティングが
SMC PENTAX-M 28mm/F2.8とは異なりますので、
おそらく、第二世代品なのだと考えます。

リコーは、SIGMAから各種焦点距離の交換レンズを
OEM供給して貰っていた時期もあるし、
TEFNON(小堀製作所)からOEM供給して貰っていた
時期もありました。

意外に何度かレンズのラインアップが刷新されていたのです。
その度に、OEM供給先を変えていたみたいです。


製造元がどこなのか不明ですが、
第二世代?と思われる
XR RIKENON 28mm/F2.8は、
この当時としては良質なマルチコーティングが施されていますし、
絞り羽根は6枚ですし、オール金属鏡筒です。

レンズ構成は、数えていませんが
反射面の多さからして、多分7群7枚構成ではないでしょうか。
5群5枚構成ではないですね、確実に。


全体的に真面目に、そして良心的に作られた
28mm/F2.8だと思います。





画像

撮影年月日 : 2018年1月7日(日曜日)

撮 影 地 : 板橋不動尊(茨城県つくばみらい市)

使用カメラ : ASAHI PENTAX ME

使用レンズ : XR RIKENON 28mm/F2.8(第二世代品?) 

使用フィルム : フジ ISO400 ネガカラーフィルム


絞りF8

絞り優先オート撮影

手持ち撮影

使用フィルムスキャナー : CanoScan FS2710





画像

撮影年月日 : 2018年1月7日(日曜日)

撮 影 地 : 板橋不動尊(茨城県つくばみらい市)

使用カメラ : ASAHI PENTAX ME

使用レンズ : XR RIKENON 28mm/F2.8(第二世代品?) 

使用フィルム : フジ ISO400 ネガカラーフィルム


絞りF8

絞り優先オート撮影

手持ち撮影

使用フィルムスキャナー : CanoScan FS2710















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
初詣は、茨城県の「板橋不動尊」。PENTAX MEでフィルム撮影〜(^^ゞ カメラと写真と猫と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる