カメラと写真と猫と

アクセスカウンタ

zoom RSS デジタル一眼レフ、PENTAX K-S1を使ってみました〜(^^ゞ

<<   作成日時 : 2017/12/10 16:28   >>

ナイス ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 0



2014年 9月26日に新発売され、現在もまだ販売中の
APSサイズデジタル一眼レフ、PENTAX K-S1ボディの
中古品をGETしたので、使ってみました(`・ω・´)ゞ


スペックシートはこちらです。
 ( メーカーサイト )
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/products/k-s1/spec/






画像

入手したのは、白ボディです。
付属品一式、元箱も付属していました。





画像

手始めに、マニュアルフォーカスのマクロレンズ
SMC PENTAX-A 50mm/F2.8 Macro を装着して
撮影をしてみることにしました。





画像

真面目にSMCコーティングされたマクロレンズです。
やや硬調な描写ではあるものの、画質には定評があったマクロレンズです。





画像

K-S1を上から見たところです。





画像

背面側になります。

PENTAX K-rとは、相当操作性が違っています。
慣れるまで大変そうだ・・・(・_・;

アイピース部(覗き込む部分)の光学系が
マルチコーティングされているのは
PENTAXの伝統と言ってよい。

ただし、PENTAXというのは、既にただのブランド名
であって、社名ではない。

社名は、リコーイメージング株式会社である。





画像

マニュアルフォーカスレンズ、
SMC PENTAX-A 50mm/F2.8 Macroで撮影した写真その1 (^-^ゞ





画像

マニュアルフォーカスレンズ、
SMC PENTAX-A 50mm/F2.8 Macroで撮影した写真その2 (^-^ゞ




イメージセンサーの直前に、
撮影レンズの解像力を落とすならず者の
「ローパスフィルター」が無い、
ローパスフィルターレスの設計となったPENTAX K-S1。

しかし、少なくともこの掲載サイズだと、
その効果はまずわからない。


撮影に用いたレンズが、古いマニュアルフォーカスレンズ
だったせいもあるかも知れない。
最新のAFマクロレンズだったら、恐ろしいほどのシャープ
さを発揮してくれるのだろうか。



撮影年月日 : 2017年12月10日(日曜日)

使用カメラ : PENTAX K-S1

使用レンズ : SMC PENTAX-A 50mm/F2.8 Macro

プログラムオート

ISOオート

.jpegラージファイン

手持ち撮影






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 23
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デジタル一眼レフ、PENTAX K-S1を使ってみました〜(^^ゞ カメラと写真と猫と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる