カメラと写真と猫と

アクセスカウンタ

zoom RSS 天然 利根川下りうなぎ(ボッカ)の鰻重を食べに行きました〜(^^ゞ

<<   作成日時 : 2017/12/25 14:04   >>

ナイス ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の1月9日に行ったきりで、その後は全く行っていなかった、
天然 利根川下りうなぎ(いわゆる、ボッカ)の鰻重を出すお店。

今年は季節外れの台風の襲来の為、
利根川の天然鰻の漁獲量が少なかったのです。

なので、
そろそろお店の在庫の方も品切れ間近かもしれないと思いまして、
昨日高速道路を飛ばし、約187km先に所在するウナギ屋さんに
行って参りました(^_^)/



今回は、主に圏央道を使って行きました。
(最終的には東関道に乗り、終点の潮来で下ります。)

今年の2月下旬に開通した区間(圏央道の)によって、
潮来まで行くのが非常に楽になりました(^^)v

ウチからですと、大栄というJCTまで、道一本です。
大栄のJCTで東関道に入りますが、そこから潮来までは
結構すぐです。

走行距離は、以前走っていた

中央高速→首都高→京葉道路→東関道

ルートよりも、30km近く距離が伸びますが、
何しろ運転が楽ヾ(@^▽^@)ノ♪
今後も、圏央道ルートで潮来方面には行こうと思っています。


さてさて、今回注文し、出て来た
天然の利根川下りウナギ(=ボッカ)の鰻重はというと〜。





画像

ジャ〜ン!
明らかに前回よりも大きさ、質共に上等なものでした(^^)v





実は、今年1月に食べた個体は、
そんなに美味しいものではありませんでした。



ウナギは、味に個体差が大きくある生き物なのですが、
基本的には、生きて捕まえられ、お店に運ばれて来た時点から
4日〜7日程度(お店の考え方によって異なります)は
「泥吐き」という期間が設けられ、生かされています。

しかし、いつまでも水槽ないし桶の中で生かし続けておくと、
魚肉が持つ本来の強くて濃い味が抜け落ちて行ってしまい、
非常に淡泊な味になってしまいます。

従ってお店の板前さんは、ある一定期間経ったウナギに関しては、
お客さんが来ようと来まいと、捌いて冷蔵庫、ないし冷凍庫に
保存してしまいます。


こちらの利根川の天然ウナギを出すお店については、
捌いた後、真空パックチルドで冷蔵保存しているそうです。


天然ウナギがコンスタントに獲れ、
お店にコンスタントに入荷しているシーズン中は、
タイミングが良ければ、注文直前まで生きていた天然ウナギの、
「捌きたて」の鰻重を食べることが出来ます。
コレに勝る美味しい鰻重はありません。
(実際、幸運にも捌きたての天然を食べることが出来た人を知っています。)


今現在は、
天然ウナギは川底で冬眠中で捕ることが出来ませんから、休漁中です。

最後にお店に天然ウナギが入荷してから、もう一か月経っています。
つまり、泥吐き期間が過ぎたことで捌かれ、真空パックチルドになった
天然ウナギは、約一か月間冷蔵庫に入っていたわけです。

そういうわけですから、今回注文した
天然ウナギの鰻重が、二度と無いような最高の食味である筈はないよな、
とは予め覚悟していました。


しかし、それでもかなり美味しい鰻重でした(^ー^* )♪



今年1月の時は、部分的に殆ど全く味が無かったり、やはり部分的に
ちょっと気になる生臭さがあったりと、どうも感心しない食味だったのですが、
今回は全体的に力強くて濃厚な味わいがあり、蒸し加減もやや「浅蒸し」
だったのか、しっかりとした歯ごたえがある魚肉でした。

私は蒸し過ぎのトロトロ・フワフワの鰻重が嫌いなんです。
浅蒸しで、少し硬めの食感が好きなのです。

蒸し過ぎると、これもやっぱり、魚肉の味が抜け落ちて
超淡泊な食味になってしまいますのでね。



ウナギは、ほんとに難しいです。

ウナギ自体のクオリティの良し悪しは勿論のこと、
お店の中でどのような形で、どのような水で、
何日生かされていたのか?とか、
タイミングよく直前捌きしてもらえたか?とか、
蒸し加減はどうだ?とか、
焼きは備長炭か?とか、
タレの味はどんな感じか?とか、
使われているコメは銘柄が何で、炊き加減はどんな具合だ?とか。

お店の中の空調管理も、仕上がりに大きく左右します。
店内がやたらに寒いと、厨房から席に運ばれてくる間に
鰻重は冷めてしまいます。


もう、そういったいろんなエレメントが、
最高・最良の状態でミックスされた時が、
本当の最高のウナギの食味を知ることが出来る瞬間です。

ウナギ屋さんを訪問した時間帯によっても、
良いタイミングと悪いタイミングがあります。

本当に美味しいウナギの食味を引き出せるお店は
あまり無いし、お客さんの方も、行くタイミング等々が
良くなくて、さほど美味しくはない鰻重を食べてしまっている
ことが殆どじゃないのかな?と思っています。

そのぐらい、最高に美味しい鰻を食べることは
難しいのです。



今回の天然鰻重にしても、間違いなく十分に美味しかったけれど、
まだまだ満足には程遠いです。

まだまだ、もっともっと、ずっと美味しい筈なのです。

来春以降に、天然ウナギがまたどんどん獲れるようになって来たら、
再びウナギ屋さんを訪れてみたいと思っています(^^ゞ





画像

モクズガニ(川蟹の一種)の味噌汁も注文しました。
非常に美味しゅう御座いましたヾ(@^▽^@)ノ





画像

そしてこちらは、「めそ焼き」。
コレも頂きました。

「めそ」というのは、ウナギの幼魚のことだそうです。
全く偶然に捕れてしまうもので、コレを狙って漁をしている
わけでは無いようです。

蒲焼きにはとても出来る大きさではないので
(あまりにも小さ過ぎ)、
こうした串焼きメニューとなっているのです。


天然の、めその串焼き。
いや〜美味しゅう御座いました。
ワイルドかつパワフル。
かなり濃い魚肉の味がしましたね〜^^















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 24
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天然 利根川下りうなぎ(ボッカ)の鰻重を食べに行きました〜(^^ゞ カメラと写真と猫と/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる